香水基地

香水のことを綴っていきます。

和の香りがするお香系の香水

和の香りとは?

日本的な和の香りといってもどんな香りのことを言うの?

着物や浴衣などの和装に合うような香り?

普通のブランド香水では駄目なの?

そんなことを考えている人も多いかと思います。

香水というものが日本に伝わる前は、実際にお香を焚いてそれを服にまとわせたり、匂い袋という香木などのお香の原料になるようなものを小袋に入れて持ち歩いたりしていたようです。

つまり、現代の香料に置き換えるとすれば、いわゆるウッディーノートと呼ばれるものになります。

サンダルウッド(白檀)、シダーウッド(杉)、ヒノキ、墨など。

 

 

ウッディ―ノート=お香ではない

ブランド香水にもサンダルウッドなどの香料はよく見かけます。

では、これらの香料が使われているものであれば、お香のような和の香りになるのでしょうか?

もちろんそんなことはありません。

線香というのは様々な材料が練り込まれて作られているものです。

それらの素材一つ一つがお香の香りを構成しています。

その複雑に混ざりあった香りこそが、あの奥ゆかしいお香の香りなのです。

 

 

お香系の和の香りを厳選して紹介

それでは、これぞ和の香りという香水をランキング形式で紹介していきます。

 

 

No.3

武蔵野ワークス「沈香

f:id:kousuisui:20170803133714j:plain

 

線香の原料としてよく使われる沈香という香木があります。

それを香水として再現したもののようです。

ベースノートに近づくにつれ、確かにどことなくお香のようなシックな香りがしてきます。

ただ、トップノートがとても花の香りが強く出ていて、この部分はあまり線香っぽくも和な感じもありません。

シンプルな沈香というよりは、フローラルアレンジの沈香という印象です。

 

 

No.2

コム・デ・ギャルソンン2

f:id:kousuisui:20170803134603j:plain

墨の香りがテーマの香水です。

本当に墨の香りがシンプルに感じられます。

線香というよりは、お寺っていう印象です。

これはこれでかなり和を感じます。

ここまで墨の香りがする香水は他にないので貴重な香水だと思います。

あまり香りが変化せず、ずっとこの印象のままというのも素晴らしいです。

 

 

No.1

凛(りん)

f:id:kousuisui:20170803135335j:plain

日本で初めて線香の匂いを香水で再現したというもの。

確かにお香そのものです。

トップは少し甘さがありますが、これもお香っぽい甘さで、ミドル以降は完全にお寺って感じのお香の香りです。

アロマを兼ねたようなお香にありそうな香りという印象なので年齢関係なく使えそうです。

高級な線香にこういう香りありますね。

もうひとつ素晴らしい点は、持続時間がめちゃくちゃ長いことです。

朝つけると夜まで香ってます。

まさしく日本を代表する和の香水と言えそうです。

item.rakuten.co.jp

 

 

 

いかがでしたか?

日本を感じさせる和の香り。

ぜひ参考してみてくださいね。